株主・投資家の皆様へ

Investor Relations

社長メッセージ

 私たちは、これまで「コンビニエンス・ストア事業」を主力事業としておりましたが、2018年春より同事業を縮小する組織再編を通じて、「ホテル事業」を主力に据え事業の拡大に努めているほか、グループ各社において「マンションフロントサービス事業」「クリーニング事業」を展開しております。 

 新たに主力事業となりました、ホテル事業におきましては、JR京葉線市川塩浜駅に隣接するビジネスホテル「CVS・BAY HOTEL」は、近隣の大型テーマパークへのアクセスの良さなどをご評価いただき、稼働率は好調に推移しております。2015年12月に開業した新館の稼働率も順調に伸長していることから、2020年夏の開業に向けて増築を進めており、さらなる収益拡大を見込んでおります。
 また、訪日外国人観光客の増加や宿泊需要の多様化が進む宿泊環境の変化を好機と捉え、2015年7月より運営を開始しております「ユニット型ホテル」は、東京駅周辺、銀座や田町など、利便性に優れた立地においてリーズナブルな価格で宿泊サービスを提供しており、個人旅行者のみならずビジネス目的のお客様にも多数ご宿泊いただいております。また、各ホテルに女性専用フロアを設けており、安心して宿泊したい女性のお客様からもご支持いただいております。さらに、ゲームやアニメ、舞台などのコンテンツとコラボした宿泊プランを継続的に実施するなど、競合施設との差別化を進めることで、各施設の早期収益化に努めてまいります。
 2018年には浦安市内にビジネスホテルを開業したほか、2020年にも都区内に新たな施設の開業準備を進めており、さらなる事業拡大に向け「BAY HOTEL」ブランドの価値向上を目指すとともに、収益増大に向けた事業規模の拡大に積極的に取り組んでまいります。

 コンビニエンス・ストア事業におきましては、「日常生活の便利さ」を提供するという企業理念に立ち返り、商品の在庫・陳列量を大幅に見直し、販売機会損失の削減を徹底するとともに商品棚の増設を行い、品揃えの強化に努めております。クリーニング、宝くじ、などの差別化されたサービスを活かし、立地特性に合わせた店舗運営に努めております。
 また、中長期的な成長を続けていくために不可欠となる人材の育成にも重点的に取り組んでおり、中でも社員研修制度の充実に努めることで、様々なプログラムを通じ、問題解決やリーダーシップ能力の高い社員の育成に取り組んでおります。

 グループ各社におきましては、(株)アスクでは、業界トップシェアの規模でマンションフロントサービス事業を行っているほか、組織力と人材育成ノウハウを活かした、人材派遣事業にも進出しております。(株)FA24では、マンションやコンビニエンス・ストア向けのクリーニングサービスに加え、ホテル、寮などの法人向けのリネン、クリーニングサービスも提供しており、新規案件の獲得に努めております。
 さらなる企業価値向上のため、グループ一丸となって精進してまいりますので、引き続きご理解とご支援を賜りたく、よろしくお願いいたします。

株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア
代表取締役社長 上山 富彦